日本の広告費を「Infogr.am」で図解してみる

「図解」するとわかりやすい

コンサルティングの現場では、資料作成の際に、伝えたいメッセージをわかりやすく表現することが求められます。詳しい解説は様々な書籍(Amazonの本カテゴリで「資料作成」と検索すると、900件以上ヒット!)をご覧いただきたいのですが、わかりやすく表現する一つの方法は「表・グラフ・チャート」等を用いてメッセージをビジュアル化することです。

近年は、情報を視覚的に表現する「インフォグラフィック」という手法を用いるWEBメディアや、インフォグラフィック作成ツール・サービスが増えています。

インフォグラフィックで見る「Office」の進化NewsPicks
話題の「IoT」って何? 概要と“成功事例”を図解ZUNNY

背景には、大量の情報に疲れたユーザーの「もっと気軽にニュースを読みたい」というニーズがあるのではないでしょうか。

日本の広告費を図解してみる

さて今回は、数あるインフォグラフィック作成ツールの中から「Infogr.am」というサービスを利用し、日本の広告費を図解してみましたので、ご覧ください。

 

(出典|電通「日本の広告費」、D2C「インターネット広告市場規模推計調査」)

いかがでしたでしょうか。文字だけの情報より理解しやすくなったと思います。

毎年発表される「日本の広告費」ですが、2016年の広告費が発表され次第、このグラフも更新したいと思います。