あなたのビジネスにVRは使える?VR活用の勘所

2016年は「VR元年」とも呼ばれ、数々のVR用端末やコンテンツがリリースされました。
興味をお持ちの方も多いかとは思いますが、あなたのビジネスでは、VRを活用することできるでしょうか。

そもそもVRとは何か?

VRは”Virtual Reality”の略で、「仮想現実」や「人工現実感」と訳されます。「現物ではないが機能としての本質は同じである環境を、五感を含む感覚を刺激することで理工学的に作り出す技術」のことです。

通常の画像や動画では定点から一方向に向けて撮影されたビジョンしか見られないのに対して、360度カメラで撮影をしたコンテンツを見せるVRでは、首の回転にあわせて他方向のビジョンも見ることができます。

下は”PlayStation VR”の事例ですが、本来であれば危険が伴う海の中の体験でさえ、専用端末を身に着けることで、その場で疑似体験することができるという優れものです。

 

29963450330_6277b7d3a1_o

(PlayStation VR 「The Deep」 引用元:SONY PlayStation.Blog  https://blog.eu.playstation.com/2016/10/11/emotion-exhilaration-immersion-how-playstation-vr-worlds-was-created/

 

VR端末いろいろ

さて、仮想現実を体験するためには、現状視界を覆うための専用端末(HMD:ヘッドマウントディスプレイ)が必要です。
HMDとしては、2016年10月にはSONYが”PlayStation VR”を発売し、大きな話題となりました。このHMD、現時点で数十種類発売されており、金額も千円代から数十万円代までと幅広いのですが、共通する主な構成要素は以下の3点となります。

  1. レンズ(2眼が主)
  2. ディスプレイ
  3. 感知センサー(加速度・ジャイロ・視線トラッキングなど)

ほぼ全てのHMDには1.レンズがついていますが、2.ディスプレイには、有無とその性能(解像度)に差があります。
ディスプレイがついているHMDで有名なものには”PlayStation VR”や”Oculus Rift”があり、ディスプレイがなくスマートフォンをディスプレイ代わりに差し込むタイプとしては、Samsungの”Gear VR”があります。

▼左:SONY PlayStation VR  ディスプレイ有 (引用元:SONY HP)
▼右:SAMSUNG Gear VR  ディスプレイ無  (引用元:SAMSUNG HP )
図2

そして3.感知センサ―ですが、現状HMDに備わっているセンサーとしては、以下のようなものがあります。

  • 重力加速度センサー(上下の動きを感知)
  • ジャイロ回転センサー(左右回転の動きを感知)
  • 地磁気センサー(東西南北の絶対方位を感知)
  • 視線追跡センサー(視線の動きを感知)
  • GPS(装着者の居場所を感知)

上記のようなセンサーで行動や居場所を感知し、映像や音を出力するためのインプットとしています。

なお、HMDによって備わるセンサーは異なるため、実際にVRコンテンツを開発する場合には、どのHMDに向けたコンテンツをつくるのか検討することが重要です。
詳しく端末別の比較をご覧になりたい場合は、こちらを参照するとよいでしょう。
http://www.dronediy.jp/2016/01/2016-vr-htc-oculus-razer.html

 

エンタメ以外のVR活用事例

現在VRはゲームなどのエンタメを中心に活用されていますが、エンタメ以外の領域においても販売促進や低コスト化を実現する可能性を秘めています。
ここでは既存のビジネスにVRを導入し、販売促進や業務効率化に取り組んでいる企業を2つ紹介しておきます。

事例(1). 未来の工事現場を体験(一二三北路)

事故発生や手順ミスによって数か月の手戻りが発生する可能性がある、土木工事。
工期の遅れにつながる事故を防ぐために、危険な作業や無理な手順がないかを事前に検討するツールとしてVRが活用されました。

北海道札幌市内にある温泉地「定山渓」で水管橋をつくるために活用され、VRを活用しての訓練を行った結果、2016年3月に無事故で工期通りに完了することができています。

ph5

(引用元:日経コンピュータ http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/060600121/072000006/

 

事例(2):リゾートの雰囲気をその場で体験(大和ハウス工業)

沖縄や海外などのリゾート地の物件は、興味を持ってもなかなか現地へ確認しに行くことができません。
そこで、沖縄リゾートの雰囲気をその場で体験してもらい、物件の購入を促進するためのツールとしてVRが活用されました。

沖縄リゾートマンション「ジ・オーシャンテラス豊崎」を購入すると得られる体験を、VRによって事前に体験してもらうことで、購買意欲を高めています。

image01-copy

(引用元:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000683.000002296.html

 

こんなビジネスはVRを活かせる

このような事例から見ると、VRを活用することが有意なビジネスは、以下の条件を満たすもののようです。

(1) 臨場感が求められる

VRとは結局のところメディアであり、情報を伝達するいち手段です。
同じくメディアである動画(もしくは画像)と異なる点は、高い再現性からくる「臨場感」にあります。

臨場感が求められる、あるいは世界観が重要なサービス・製品を提供している場合、あなたのビジネスはVRとの親和性が非常に高い可能性があります。

(2) サービスや製品を体験する際に制約がある

たとえ臨場感が必要でも、サービスや製品の体験が容易ならば、仮想的に再現する必要はありません。仮想化が必要なのは、体験する際に制約があるからです。

そのような制約には、以下の4種類があると考えられます。

  1.  金銭的制約:サービスや製品の金額が高く、簡単には体験できない場合
  2.  時間的制約:過去や将来の体験を提供したい場合
  3.  空間的制約:遠方でないと体験できない場合
  4.  実現性制約:体験にリスクが伴い、実現性に制約がある場合

臨場感が求められ、上記4種類の制約のいずれかを含むようなサービス・製品を提供している場合、VRはあなたのビジネスに活用できるかもしれません。

2017年1月現在、HMDの金額はまだ高く、一般家庭への普及は先となりそうですが、徐々に浸透し始めてはいます。
この機会に、ご自身のビジネスにVRが活用できるか、検討してみませんか。