新規ビジネスの創り方 ~企画~

いまとあるお客様にて、新規ビジネスの創り方を教えております。勿論、教えてすぐ創れる類のものではありません。

ですので、新規サービスの企画だけで終わらず、3ヵ月間で実際にプロトタイプを開発(いわゆるMVP)、そして実ユーザの反応を見ながらブラッシュアップしていく(価値を拡張していく)という、一連のリーンスタートアップのプロセスを体感してもらい、参加者に実体験してもらっています。

新規ビジネスの立上スキル以外にも、お客様視点(顧客にとっての価値)や経営者視点(マネタイズへのこだわり等)の意識付けも同時にしやすいので、最近、研修として重宝さています。大抵最初に“モノやサービスが持つ効能と、お客様の欲求がフィットして、初めて価値が生まれる”という話をします。

 

この効能と欲求のフィット感を作り込んでいく営みこそが、新規ビジネスの企画であり、そのためのツールがデザイン思考やら、ジャーニーマップ、サービスブループリント、バリュープロポジションやら、プロトタイプであったりします。これらはツールにしか過ぎないのですが、なんとなく1個2個作ってみて、それでもう安心してしまう事が多いと感じています。出来た気になってしまう。

ジャーニーマップを一枚作って、ユーザを理解した気になってしまう。出来上がったビジネスモデルキャンパスとは、あんまり関係のないものになっているのに・・・。バリュープロポジションを1枚作って、実用最少要件(機能・価値)がもう見えてきた、と。でも実際に造り始めると別のものになっているのに・・・。

1回で良いものが出来ると思うな!

何個も何個も作り直して、整合性を取りながら、効能と欲求のフィット感を作り込んでいく営みがとっても大事で、とっても大変なのに。そこにかける努力が、きっと糧になります。大抵、最初はこうなります。

ターゲットのお困り事からサービスを考えると、最初に考えていたものからとても大きなサイズ(規模、関係者、パートナー、予算等々)になったり、自社のリソースや強みからかけ離れたものになっていたり・・・。その逆で、自社のリソースや強みを活かして何が出来るのだろうか?から考え始めると、こじんまりとまとまってしまったり、それやって誰が嬉しいんだっけ?みたいなものになってしまったり・・・。

煮詰まった時に、「ターゲット ― お困りゴト ― 解決のアイデア」 のセットをどんどん新しく創っていくのも良いですが、その前に変えるところ、変えないところを構造的に整理、ディスカッションした方が良いことも多いのは確かです。

ターゲットとお困りゴトは良いが、それを解決するアイデアがいまいちなのか?ターゲットはよいが、お困りゴトが嘘だったのか?(もしくは筋が良くなかったのか?)そもそもターゲットから見直すか?例えば、こういった構造的な整理でアイデアを作り込んでいくと、思いつきベースにならずそれまでの経緯を積み上げていくこともできるので、アイデア1,000本ノックからの脱却がはかれると思います。

そして最後のスパイス、それは、、、こういう人たちのこんなお困りゴトを解決したい!という熱い想い。